>

屋根塗装をする前にセルフチェックを

屋根の状態をチェックしよう

釘が緩んでいないか調べよう

10年以上経過している住宅

新築のころは、まだ屋根が丈夫で綺麗なので頻繁にセルフチェックをしなくてもいいでしょう。
ですが、年数が経過すれば傷んでいきます。
建設されて8年から10年が経過している住宅に住んでいる人は、頻繁に屋根のセルフチェックをしてください。
そのぐらいの年数が経過すると、釘が緩んでしまいます。
すると棟板金が落下する危険性があります。

歩いている時に板板金がぶつかると、大ケガに繋がります。
釘が緩むぐらいの年数が経過しているなら、塗装もところどころ剥げていると思います。
釘を打ち直してもらうと同時に、塗装もしてもらうといいですね。
しっかりと釘の上から塗装することで、強度を高められます。
10年ほど経過すれば、どこの自宅でも塗装が必要になります。

塗装が剥げる心配がある

強風が吹くことで、釘が緩むケースが見られます。
その時は、同時に塗装も剥げてしまうかもしれません。
経年劣化によって傷んだ屋根は見た目が悪いです。
強風が吹いた翌日は、念入りにセルフチェックをしましょう。
業者に依頼すると、必要に応じて釘を打ち直してくれます。
その時に、塗装の必要がないか聞いてください。

自分で正しい判断ができない人が多いでしょうから、プロの意見を聞きましょう。
棟板金の修理と、屋根塗装を依頼すると少し安い料金になる業者も見られます。
そのようなサービスがあるなら、同時に依頼した方がお得ですよね。
塗装のことも忘れないで、業者に相談してください。
綺麗に塗装してもらえば、新築の頃の状態に戻ります。


このコラムをシェアする