>

屋根塗装をする前にセルフチェックを

屋根の状態をチェックしよう

どんな屋根なのか把握しよう

強風のあとは特に注意

瓦は、1枚1枚が非常に重いです。
そう簡単に浮かんだリ、位置がずれたりすることはないと思っている人が見られます。
しかし強風が吹いたあとは、重い瓦でも移動することが考えられるので注意してください。
塗装すれば、瓦がずれていても修復できます。
自宅の屋根は瓦だから大丈夫だと思って油断しないでください。

台風が通過しやすい地域に暮らしている人は、特に瓦がずれる心配があります。
屋根に登ってチェックすると、異変にすぐ気づけるでしょう。
この際は屋根から転落する危険性があるので、十分安全面を考慮してください。
必ず2人以上で、セルフチェックをしましょう。
また雨が降った翌日は屋根が滑りやすいので、セルフチェックはしないでください。

金属の屋根が錆びついていないか

屋根に金属が使われている場合は、錆びつく可能性があると覚えておきましょう。
セルフチェックでは、錆が発生していないかよく見てください。
小さな錆では、まだ雨漏りの心配はありません。
ですが範囲が広がると、穴が開きます。
穴が開きそうになったら、急いで業者に連絡してください。
また錆びついていると、見た目が汚いので悪印象を与えます。

雨漏りなどのトラブルが起こっていなくても、見た目が気になったら塗装を任せてもいいでしょう。
塗装することで錆を解消できますし、塗料によってはこれから錆びにくくなります。
少し高価ですが何度も塗り直すのが面倒な人は、錆びにくい塗料を選択してください。
沿岸に住んでいる人は、潮風の影響で金属屋根が錆びやすいです。


このコラムをシェアする